即日キャッシングを受けて

財布が軽くなって、数週間ほどが経ったのだけれど、なんだかやってられない気分にしかならない。
悲しい出来事ではあるのだけれど、これが現実だ。
財布の中にお金がない理由は、たった一つしかないわけで、無駄遣いをあまりにもし過ぎてしまったということしかない。
どうしても欲しいものがあると、収支とかそういうことを考えないままで、私はずっと過ごしていってしまうのが、昔からの悪い癖である。
それはわかっているのに、どうしてもそうしてしまう。
即日キャッシングに申し込んで、後先考えずに金を借りて、返しきれなくなった経験もあるのだ。
生きているとは金がかかることだとは思っているけれど、私にとってその「金がかかること」は、必ずしも必要な事ばかりではないということが辛いところである。
なんだか知らないけど、私はどうしても辛い思いにしかならない。
だいたいが、生きているだけで金がかかるという、この国のシステムはどうにかならないのだろうか。
たいして恩恵を受けていないのに、月に住民税だの所得税だの年金だのと、天引きされる金額が多過ぎるんだよ。